楽天市場を運営されている店舗の多くは、メーカーが作った商品を仕入れて販売されている店舗が多く、いわゆる「型番」がある商品を販売しています。型番商品の良いところは、メーカーが販売のために宣伝などをおこなっているので、お客様は「〇〇が欲しい!」というモチベーションでショップに訪れていることが多いです。その売りやすいというメリットがある反面、「型落ち」というものが存在し、販売のタイミングなどはメーカーが握っており、卸先も多くいるため、競合店舗との値下げ競争に陥りやすいというデメリットもあります。
今回は、型番商品の売上のノウハウを伝授していきます。

楽天市場で販売する際の型番商品は、「商品数を増やす」ことが大事

型番商品は先述したように、販売している店舗が多い商品です。これは、インターネット通販以外も指します。どこでも買える状態なのに、お客様はなぜ楽天市場に来ているのでしょうか?それは、実店舗で見つからなかった、他店舗に売ってなかったなどの理由があります。
型番商品の良いところは、お客様の方が「探してくれる」という強みがあります。逆に言うと探さないと買えない状態に陥っているお客様がいるということです。型番商品を取り扱うなら、まず実店舗と違い「店内の広さ」を要しないインターネット通販だからこそ、取り扱い商品を増やすことが大切です。簡単に始められるのに、なかなか実施されていない店舗が多いですが、とにかく品数を揃えましょう。できたら、少しマニアックなところまで手を出してみるのも良いです。これが他店との違いを生みます。
ゆくゆくは、顧客の中で「この店なら商品が売ってるかもしれない」という認識を強めてくれ、自然とリピーターになっていきます。

楽天市場で販売する際の型番商品は、「探しやすくする」ことが大事

商品数を増やすことを提案しましたが、楽天市場というモールに出店していると、店舗からの離脱がしやすい状態(他店舗へ行きやすい環境)で販売していることになります。できるだけ、自店舗内で商品を検索していただけるよう、商品を探しやすくしておく必要があります。また、型番商品ならではの付属品やオプション、交換品などがあれば、導線を組んでおきましょう。

楽天市場で販売する際の型番商品は、「オリジナルセットを組む」ことが大事

自店舗での探しやすさ、商品の見つけやすさについて話しましたが、一緒に購入できそうな商品などは、最初からセット商品にしてしまいましょう。型番商品は、「〇〇が欲しい」としているため、他商品のついで買いが無いように思われがちですが、そうとも言い切れません。交換品などがあるような商品は、はなから交換品を付けたセット品を自店舗で組んでしまえばよいのです。顧客の中で探す手間が省けている分「買いやすいお店」という認知が進み、店舗からしてみると「客単価アップ」につながるで良いこと尽くしです。

この(1)~ (3)が、値下げ競争に陥らないための3つの考え方になります。この基本を押さえながら、販売方法を展開していきます。
型番商品を販売し、売上を伸ばして敷くためには、細かなメンテナンスが必要になっていきます。

★POINT★
すぐセット商品を組めない店舗は、楽天市場の組み合わせ商品を設定するだけでも違います。売れ筋や、一緒に購入されることが多い商品は組み合わせ商品登録をしておきましょう。

楽天市場の運営で大事なSEO対策

型番商品の販売で忘れてはいけないのが、SEO対策になります。これは基本の考えである、②に繋がっていくことです。Google検索の中で、楽天市場の検索の中で、そして、自店舗の検索の中で役立つことですが、顧客が探しやすく見つけやすくするためにキーワードをしっかり設置しておく必要があります。型番の記載だけでなく、商品名、メーカー名の他、探すためワードを多く埋め込みます。少しニッチなワードを設置してもよいでしょう。特に楽天市場では、商品情報内へのキーワードの羅列記載が禁止されているので、商品のことを紹介した文章を載せつつ、SEO対策しておくとよいです。
型番商品のため、商品情報が入っていない店舗が多いので、この簡易商品紹介を掲載するだけでも、他店との違いが出せるようになっていきます。

楽天市場で販売していくなら、商品発送までの早さも重要

楽天市場での運用で大切なのは、発送までの早さです。メーカー在庫がある場合、なぜ顧客は種類も豊富で付属品まで一緒に買うことができるメーカー通販ではなく、楽天市場に来たのかを考えましょう。メーカーでの通販はおおむね時間がかかることが多いようです。早くほしいと思うからこそ、メーカー以外での購入を検討したのではないでしょうか?早めに届けるということが、他店舗との違いにもなります。
どうしても急ぎでほしいものがあった時、顧客は高くても商品を購入してくれる傾向にあります。安いけど、発送までに1週間かかる店舗と、定価販売だけれど明日には手元に商品が届くとなった場合、早く届くことを優先させる顧客が一定層います。値下げ競争に参加しなくても良い方法の1つが、商品の発送の早さにあります。

型番商品のメリット・デメリットを理解し、競合との差別化を目指す

型番商品は宣伝の手間がいらないというメリットがあります。ただ、販売店舗も多い為、他より1円でも安くしていく値下げ競争に陥りやすいデメリットがあります。
楽天市場では、多くの店舗が出店しているので、その中で自店舗だけのサービスを提供し、値下げ以外のサービスを顧客に提供していきます。サービスというのは、おまけなどを付けるということではなく、検索ワードをできるだけ設置し、検索されやすくする。店舗内で検索しやすくする。オリジナルセット商品をつくる。という、少しの商品メンテナンスで提供できるサービスも含みます。値下げをするのは、最終手段とし、基本の考え方①~③を意識し、店舗運営をし、競合との違いを作るようにします。

会員限定機能です。無料会員登録はこちら