アクセス人数UPの航海術

楽天市場の集客にLINE・Instagram・楽天ROOMなどのSNSを活用しよう

楽天に出店していて「知名度や売上を上げたい」と思うのは当たり前ですよね。しかしながら、「広告に回すほどの予算がない」といった理由で集客に困っている店舗も多いことかと思います。
そのような時は、運用費用がほとんどかからず、自社内で行えるSNSを活用してはいかがでしょうか?SNSは今や老若男女関らず、生活の必須ツールとなっています。
LINEやInstagram、楽天ROOMなど各SNSのポイントを押さえて、店舗運用に生かしていきましょう。

楽天の集客にSNSは必要?

それではSNSを利用することで、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。
まず挙げられるのは「店舗(ブランド)のこと、商品のこと」をユーザーに知ってもらえることです。ネット上で商品やサービスを検索する「ググる」がこれまでは主流でしたが、現在はSNS上で検索する「タグる」という言葉が普及するほど、SNSの利用頻度は活発化しています。店舗が発信する情報は一般ユーザーが発信する内容、スタイルと大きな違いもなく、広告色を見せずにPRを行うことが可能です。

またユーザーとの距離感が近いこともメリットになります。
楽天上でお客様とコミュニケーションをとる機会は、お問合せ以外ほとんどありません。
しかし主要SNSのほとんどにはDM(ダイレクトメッセージ)機能がついており、チャット上でのコミュニケーションが可能です。
また最近話題のLIVEコマースを活用すれば、リアルタイムでお客様に販売訴求を行えるため、楽天だけでは得ることができない情報を提供することができます。

こうしてSNSを活用していくことで、徐々にお客様との信頼を獲得していきます。「このお店で買いたい」、「試してみたい」という気持ちにさせることができれば理想的です。楽天のイベント情報と絡めてSNS運用を行えば、自然とユーザーも店舗に足を運んでくれるでしょう。

楽天と相性の良いSNS

楽天運用におけるSNSの重要性を理解したところで、楽天と”相性の良い”SNSを紹介していきます。

Instagram

Instagramはビジュアル重視のプラットフォームです。これまで若年層ユーザーが多いとされてきましたが、現在では老若男女関らずに支持されています。特にグルメや生活雑貨などと相性がよく”映える”ビジュアルがあれば強い訴求力を持つこととなるでしょう。

LINE

メッセージ形式のSNSで日常のツールとなっているLINE。メールでのやり取りが少なくなっている昨今、メルマガからLINE配信に切り替えている店舗も多く見受けられます。メルマガに比べて開封率が高く、商品リンクも貼れるため集客に適していると言えます。

楽天ROOM

楽天が運営するSNS「楽天ROOM」は出品している商品であれば、何でも投稿コンテンツとして発信が可能です。利用ユーザーも楽天での購買経験が多く、モールの特徴を理解しているユーザーも多くみられます。

その他、TwitterやFacebook、TikTokなども主要SNSとなりますが、現在の利用者層や特徴などを踏まえると、まずは先述の3つから運用を始めると良さそうです。

楽天でR-SNSに申し込もう

楽天市場での集客にSNSを活用する場合はR-SNSと呼ばれる、楽天内のサービスに申し込むことが必要になります。R-SNSとは、楽天の店舗ページを通して、SNS上のフォロワーやファンを集めることが可能な有料のサービスプランです。
楽天内の店舗ページ内で「LINEのお友達登録でクーポンプレゼント」などというバナーを見たことはありますか?通常楽天では外部リンクへ遷移させることが禁止されていますが、 R-SNSを利用することで運用する各SNSアカウントへ遷移させることが可能となります。

現在R-SNSで利用することができるSNSは下記の通りです。

・Facebook
・Instagram
・LINE公式アカウント
・楽天ROOM

もしメルマガを中々送れていないのであればLINEを、アフィリエイトでの売上が立ちやすい商材なら楽天ROOMを利用するなど、目的に沿ったSNSから試してみましょう。

R-SNSを利用する上での注意点も事前に把握しておくことが大切です。基本的にR-SNSを利用すると、楽天以外のPRをすることは禁止となっています。例えば、R-SNS経由で開設したLINEアカウントで、YahooやAmazonといった他モールをメッセージ内容に含むことなどです。またLINE上のプラン変更もR-SNS経由で行う必要があるなど何かと制限があります。もし他モールなどの運用もしている場合は、ブランドアカウントと楽天用アカウントと別々に運用することが好ましいでしょう。

SNSの効果的の活用法

楽天への集客でSNSを利用する場合、発信するタイミングが非常に重要になってきます。もちろん新商品の発売情報などをリリースするのも良いですが、ユーザーは常に“お得なタイミング”を狙っています。
0と5のつく日、お買い物マラソン、楽天スーパーSALEなどイベント日に合わせて発信することで集客に期待することができます。

またLINEの場合は登録者限定クーポンなどを配布して友達登録者数を増やしていきましょう。LINEはメルマガと違って開封率が高い傾向にあります。その分ブロックもされやすいですが、限定的なオファーで登録者との関係性を構築することをオススメします。

InstagramはR-SNSで申し込むと、ショッピング機能が利用できるようになります。ショッピング機能とはInstagram内で投稿した写真と楽天の商品ページを結び、シームレスな購買をアシストする機能です。魅力的な写真からそのまま楽天で購入できるなら、ユーザーとしてもありがたいですよね。

まとめ

今回は楽天市場の集客におけるSNSの重要性について解説していきました。無料で利用できるSNSは広告などと違って自社で十分運用することが可能です(R-SNSの利用には月額費用が発生します)。ユーザーとの関係づくりにも役に立ちますので、やらない選択肢はありませんね。ただし、SNSは拡散力が高い分、運用方法には注意してください。不良品や悪対応などはたちまち口コミで拡がってしまうので、誠意を持った店舗運営を行い、同時に顧客満足度も上げていきましょう。
SNSは闇雲に運用するだけでは効果を実感しづらいですが、地道に取り組んでいけると良いです。もし自社で運用する時間がない、ノウハウがない、何を発信したら良いかわからないなど、お悩みがあれば専門の人に委託するのも良いかと思います。
ぜひ楽天の店舗運用にSNSを活用して集客UPに繋げてみてください!