楽天市場への出店・店舗構築の航海術

商材に合わせた訴求が必須!カテゴリーごとに顧客を安心させるコンテンツを紹介!

楽天市場の商品ページをなんとなく作成していませんか?
型番商品は、メーカーから配られたコンテンツを入れただけ、
もしくは、商品の画像のみしか入れていない店舗も数多くあります。
自店舗で購入いただくためには、「この商品を今買いたい!」と思わせるコンテンツの拡充が必須です。
今回は、全カテゴリーで必要なコンテンツと、カテゴリーごとに必要な顧客を安心させるコンテンツについてご紹介します。

◆全カテゴリーで必要なコンテンツ

顧客に購入していただくために、商品ページの基本的な流れを掴みましょう。
全カテゴリーの商品ページに通用する訴求を押さえた後に、カテゴリーごとに必要なコンテンツを拡充することをおすすめします。

<商品ページの基本的な構成>
1.商品画像
2.お悩みコンテンツ(こんな悩みありませんか?)
3.上記解決できますというメッセージと理由
4.ベネフィット訴求(購入後の使用シーン)
5.客観的評価(専門家のコメント)、レビュー
6.競合他社比較
7.使用方法、商品詳細
8.Q&A

◆特に大事な訴求内容

ECサイトは、実店舗と違って実際に商品を見て販売員に相談することができないので、
初めて見る商品、初めて利用する店舗は、顧客にとって不安なことがいっぱいです。
信頼、差別化、分かりやすさ、丁寧な商品説明が購入につながる鍵となります。

1.信用、信頼感を出す





ランキング受賞や雑誌掲載、過去の販売実績を記載することで、たくさんの人に購入されている安心感と信頼感をアピールできます。
お客様のレビューや専門家のコメントを見せることも、不安要素の払拭につながります。

2.他商品との差別化






楽天市場には、似たような商品がたくさん販売されています。
たまたま検索してヒットした商品を購入するか、戸惑う顧客も多いです。
自店舗商品は、他社商品よりもココが良い!実はこういう使い方もできる!など、他社と比較したマトリクスの図もあると分かりやすいですね。
スタッフはの使用シーンなど、人間味をプラスしたコンテンツも有効です。

3.パッと見て分かりやすいページ内容






初めて見る商品なのに、文字量が多い説明を読んでも何も頭に入ってこず、分かりにくいから離脱するパターンも多いです。
その商品を購入すると、どんな体験ができるのか、どんな悩みが解消されるのか、購入後の利用シーンが想像できるページが必要です。
写真で表現するのが難しいコンテンツは、図や表を作成すると分かりやすく可視化できます。
できるだけ文字量は押さえて、訴求力を高めたページを作成しましょう。

▼パッと見た時の分かりやすさ
商品利用シーン>商品写真>イラスト>図>テキスト

4.丁寧な商品説明






ECサイトでは、実際に商品を手に取ってみることができません。
ただ商品を見せるだけではなく、商品細部の詳細も多めに記載しましょう。
例えば、家電製品であれば、ダイヤルや持ち手の細かいディテール、便利な使用方法を掲載することで、
更に使用イメージが湧き、購買意欲を上げることができます。
また、発送時期が記載してあると、丁寧な店舗だという印象も与えることができます。

◆カテゴリーごとに必要な顧客を安心させるコンテンツ

商品ページの基本的な流れを押さえた後に、カテゴリー特有の必須コンテンツを追加しましょう。

1.インテリア、家具、雑貨

自分の部屋に商品を置くと、どんな感じになるか、細かく表現しましょう。
インテリアのテイストごとに、どんなコーディネートができるか見せるとイメージが湧きやすいです。
サイズや素材質感、細部のつくりも見せましょう。
また、大型家具の場合は、配送方法や組み立てを行うサービスの記載があると安心して購入することができます。
雑貨であれば、「お客様の声から生まれた商品です」などの開発ストリーがあると「確かに便利!」と購入を促進できます。

2.アパレル

ビジュアルでの訴求力を高めて、テキストでの説明はフォントサイズ小さめで読みたい人にだけ説明を行いましょう。
着用イメージが湧きやすいように、1商品を系統の違うコーディネートや季節ごとので着回しなどが有効です。
モデルの身長や体型を記載したり、スタッフの着用した感想を入れたりすると、より着用イメージやサイズ感が伝わります。

3.食品

シズル感のある美味しそうな商品画像と、こだわりの説明があると訴求力の強いページになります。
ECサイトでは、ギフト需要での食品カテゴリーの利用が多いです。
食べたとこがない商品を送るとなると、口コミやレビューの評価が重要になります。
また、ギフトラッピングの梱包方法やのし対応の説明が分かりやすいと安心して購入することができます。
お中元やお歳暮での企業の利用も見越して、領収書の説明もあると安心して購入できます。
特に注意が必要なのは、クリスマス、バレンタイン、母の日などイベント需要の商品です。
いつまでに商品を注文すれば、イベント日までのお届け可能かを必ず記載しましょう。

4.家電

商品の細かい説明が必須のジャンルになります。
充電式なのか、HUBはどのような仕様になっているか、出力数はどのくらいなのか、
家電は比較的金額が高い買い物になるので、顧客の購入ハードルも高くなります。
購入後の製品トラブルも起きやすいジャンルなので、製品保証のコンテンツがかなり有効です。

5.化粧品

商品にどのような成分が入っているのか、成分の安心感を伝える説明が必須です。
その際に、レビューがあると購入後の使用感を印象付けることができます。
また、製造工程や商品開発スト-リー、雑誌掲載実績、使用方法を記載して、顧客の不安な部分を打ち消していきます。
店舗オリジナル商品の場合、どうしても説明が多くなって文字量が多くなりますが、
強調する部分と読みたい人だけ読ませる部分のメリハリをつけましょう。
特に化粧品は、ペルソナごとに悩みや不安な要素が異なるので、自店舗の商品に合ったコンテンツが必須となります。

◆丁寧で分かりやすく、パッと見て伝わる商品ページを作成しよう

今回は、全カテゴリで必要なコンテンツと、カテゴリーごとに必要な顧客を安心させるコンテンツについてご紹介しました。
ECサイトでは、商品を手に取ってみることができない、販売員に相談することもできないため、
顧客が不安に思うことを先回りして、不安を払拭するコンテンツの作成が重要です。
丁寧で分かりやすく、パッと見て伝わる商品ページを作成していきましょう。
顧客との関係を上手く構築していきたいですね。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談ください。お問い合わせはこちら