多店舗運用の航海術

楽天・Yahoo!・Amazon、在庫や売上管理はどうしてる?多店舗管理ツールのご紹介

Yahoo!ショッピングでは、初期費用や月額システム利用料などが無料なこともあり、楽天市場の出店店舗の多くがYahoo!出店を開始しています。
顧客の多くはモールについているため、『Softbankユーザーなので、楽天ではなくYahoo!で買い物する』や、『楽天市場が買いなれているからYahoo!では買わない。』など、顧客によってのこだわりがあり、決まった場所で購入する顧客が一定層います。
オファーなどの内容によって買う場所を選ぶユーザーもいますが、モール固定顧客もいるため、買い場を増やすために楽天市場店の他、Yahoo!への出店をすることは売上アップにつながります。
出店後すぐ売上を作るのは難しいですが、その点Yahoo!ショッピングでは固定費がかからないので、多店舗運営の第1歩としてとてもよいモールです。

出店した後、売上をあげるために施策を重ね店舗運営が軌道に乗ってきた頃、皆一様にぶつかる壁があります。
それが在庫の管理です。楽天市場もYahoo!ショッピングも同じ商材を取り扱う店舗が多く、在庫管理が徐々に複雑化していきます。

特に辛いのが「売り越し」ですね。楽天市場とYahoo!の両方で売れてしまったが、在庫数が足りなかった。
この場合、個別の顧客対応にて、お詫びをしつつ、キャンセル対応をすることになります。
本当だったら売上を作れていたのに、顧客の印象も悪く、また従業員の手間も増えて、マイナスしかありません。だからといって過剰に在庫を抱えることは、経営の面からしても利益計算も難しく、おすすめできない対応です。

このような多店舗運営の際に役立つのが、一元管理システム(ASP)です。

多店舗管理におすすめな一元管理システムとは

多店舗運営の際に「売り越し」や「売り逃し」を防ぐために、各ショップの在庫数を常に実際の在庫数と同数にしておく必要があります。
言葉にするのは簡単ですが、楽天市場で売れたらYahoo!で在庫数を減らして、Amazon在庫数を減らすのはとても手間です。それぞれ管理画面が違うので、3つの管理画面で操作をする必要があります。作業する人数と作業する画面が増えると、人的ミスも増え、さらに手間がかかっていく悪循環に陥ります。

そこで、1つの管理画面で作業できるようにするのが一元管理システムになります。各店舗と連携させることで1画面で在庫管理も、受注対応もできるようになります。
一元管理システムは数多く存在し、システムによってできることや、できないことがあるため、自店舗に必要なサービスを提供しているものを選ぶ必要があります。

一元管理システム

多店舗運営を一元管理するシステムはたくさんあります。使いやすい、評判の高い一部システムの特色と機能についてまとめます。

ネクストエンジン

ネクストエンジンは、楽天市場でも店舗出店しているHamee株式会社が運営しているシステムです。
楽天市場の店舗が設計・開発しているので、楽天店舗運営に役立つ自動処理機能が優れています。もちろん、楽天・Yahoo!・Amazonなどの多くのモールい対応しています。

■機能:受注管理、在庫管理、商品登録、決済連携、送り状発行、倉庫連携、POS連携、メール送信、発注・仕入れ、アプリ開発

■費用:月額10,000円+従量課金制

CROSS MALL

クロスモールは、、店舗ごとに別の商品コードであっても在庫連携が可能なため、楽天とYahoo!の運営時に、後から導入する際にラクです。
楽天とYahoo!での商品番号ルール違いから生まれてしまった商品コード違いであっても、そのまま連携でき、また定額制なことも会社によってはありがたいシステムです。

■機能:受注管理、在庫管理、商品登録、注文分析、送り状発行、POS連携、メール送信、発注・仕入れ

■費用:月額5,000円~(連携店舗数で増額)

Robot-シリーズ

Robot-シリーズは、ハングリードが運営しているツールです。商品管理システムのItem Robot、在庫管理システムのZaiko Robot、住中管理システムのRobot-inと大きく3つにわかれており、商品管理だけできればよいという店舗は、Item Robotだけを使うなど、店舗の運用に合わせて導入できる。楽天スーパーSALE準備用の機能など、楽天市場に強いツール。

■機能:受注管理、在庫管理、商品登録(楽天スーパーSALE機能)、送り状発行、メール送信

■費用:導入するシステム数や、連携店舗数によって変動

タテンポガイド

スマートソーシングが運営しているシステム。モールごとに商品番号が違っても対応可能。仕入れ関係の発注数・発注書の作成や、決済確定処理などはカスタマイズでできるようになるなど、費用によってメニューを拡張できる。
フォローメールなどが機能としてついているので、リピーター育成によい。

■機能:受注管理、在庫管理、商品管理、注文分析、メール送信

■費用:月額費用11,000円~(税込)から(連携店舗数で増額)

TEMPOSTAR(テンポスター)

savawayが運営しているシステム。大手システムで、外部連携に強い。決済処理や物流システムの大手システムとの連携の口が充実している。ワンストップでの作業を目指して作られたシステム。費用は、商品数と受注量の2軸で計算される。商品数は商品数によって固定だが、受注の方は定額プランか従量課金プランかを選ぶことができる。

■機能:受注管理、在庫管理、商品管理、注文分析、決済連携、倉庫連携、POS連携、メール送信、発注・仕入れ

■費用:10,000円~(商品課金+受注課金<定額プラン or 従量プラン>)

システムを導入を検討しよう

顧客はモールごとについているので、それぞれのモールに出店できるならば、顧客の買い場を増やすために出店するほうが売上が伸びます。
しかし、店舗数が増えると、それぞれの管理画面が増えたり、在庫管理などが難しくなり、ミスが増えることにもなります。
管理の難しさから、多店舗運営を避ける店舗もいるが、多店舗管理専用のシステムを導入することで、業務は大きく改善できます。
多店舗を一元管理できるシステムは数多く、またその機能も多岐にわたります。自店舗が解消したい課題を先に洗いだしたうえで、システムを選ぶ必要があります。各システムごとに特色がありますので、最初だから小規模なシステムとして選ぶとリプレイスでかなり手間がかかるので、最初から先々まで見据えてシステムを選ぶ方が良いです。
システムの利用料については、多くが利用した分だけで支払いができるように、重量課金や連携店舗数に応じた費用計算になっています。
ただ、会社によっては完全固定でないと難しいなど、機能とは別軸でも選定基準が必要な場合もあり、固定で費用を支払えるシステムもあります。

支払い方法・機能など、多角的な視点でシステムを選び導入することで、多店舗運営の手間を簡略化することができます。

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談ください。お問い合わせはこちら