楽天市場のデザインテクニックの航海術

楽天市場におけるスマートフォンのブラウザ表示とアプリ表示の違い

楽天市場では、公式スマートフォンアプリがあります。
アプリでは通常のブラウザと異なる見え方や、独自のキャンペーンを行っています。

公式アプリの画面の特徴

トップページ

一番大きな違いはアプリには楽天ポイントのバーコードアイコンがあることです。

また下部のバーは画面を追従するような仕様となっているため、ユーザーはいつでも検索したり、購入履歴を確認することができるようになっています。

 

検索結果ページ

39(サンキューショップ)と全商品をタブで切り替えることが可能になっています。

39(サンキューショップ)とは

送料無料ラインを3,980円以下(特定商品、一部地域を除く)に設定しているショップの総称。

ただし沖縄・離島・一部地域への配送は、39ショップであっても、購入合計金額が9,800円(税込)以上の場合、送料無料になります。

※送料無料ラインとは、楽天市場の対応ショップ内同一注文の購入合計金額が3,980円(税込)以上の場合に、送料が無料になること(対象外の商品もあります)。

送料無料でおトクに買い物をしたいというユーザーにとっては便利な機能です。

 

商品ページ

商品とショップページをタブで切り替えることが可能です。

 

一方ブラウザ側には「楽天市場アプリで購入する」と表示されています。

 

公式アプリで受けられる特典

いつでもポイント+0.5倍

楽天市場公式スマートフォンアプリからのお買い物のみが対象。購入時に付与されるポイントが0.5倍加算されます。

※進呈ポイントは期間限定ポイントになります。

参考:https://event.rakuten.co.jp/campaign/point-up/app/always/

 

ラッキーくじで毎日最大5,000ポイントが当たる

アプリからラッキーくじを引くと、抽選で毎日最大5,000ポイントが当たります。
(スマートフォン版とアプリ版でくじを引いあとでも、もう一度パソコン版で引くことができます)

参考:https://event.rakuten.co.jp/present/luckykuji/guide/

 

「ビンゴ」でクーポンゲット!

楽天市場公式スマートフォンアプリ限定でプレイできるビンゴゲーム。
1日1回、ビンゴのマスが開いていくと、お得なクーポンやゲーム内でコレクション可能なアイテムを獲得できます。

参考:https://event.rakuten.co.jp/app/campaign/download/bingo/

 

アプリ新規ダウンロードで1000pt獲得

「楽天市場公式スマートフォンアプリ」をダウンロードされたことのない楽天会員限定。
アプリダウンロード時に楽天ポイントを1000ポイントプレゼントされます。

※ダウンロードの当月内に5,000円以上のお買い物が条件。

参考:https://event.rakuten.co.jp/app/campaign/download/1000pt/

 

公式アプリにある機能

音声検索ができる

画面下部のバーから「検索」をタップし、「音声検索」をタップします。

 

話しかけると文字が入力されるので、入力されたことを確認したらマイクのアイコンをタップします。

 

すると入力された文字の内容で商品が検索されます。

 

バーコード検索

画面下部のバーから「検索」をタップし、「バーコード」をタップします。

 

バーコードスキャンが起動するので、商品のバーコードをスキャンします。

 

すると商品価格ナビにページが遷移します。
下にスクロールすると商品概要だけでなく、価格比較やレビューも見ることができるのでかなり便利です。

 

おトク情報の通知が届く

アプリではお気に入り商品の値下げや在庫追加を通知してくれます。
気になる商品の値下げのタイミング、キャンペーン情報もアプリが教えてくれます。

 

楽天ポイントカード機能の搭載

 

コンビニやカフェなど、バーコードを提示するだけで楽天ポイントを貯める・使うことができるおトクなサービスです。

 

公式アプリはユーザーにとって特典が多い

ブラウザで商品を購入するよりも、アプリを使用して商品を探したり購入した方が、より多くの特典を得られることがお分かりいただけたと思います。
実際にアプリを操作してみると非常にスムーズにページが遷移したり、常に検索できるようバーが追従したり、ユーザー体験に沿った作りをしていることが分かります。

店舗運営においても、こういった点からアプリでの売上が立つことが非常に多いです。

 

下記ページではスマートフォンページ制作のコツをご紹介していますので、こちらも併せてチェックしてみてください。

参考:楽天市場におけるスマートフォン対応の重要性

この記事であなたの課題を解決することができましたか?

疑問点があったり、解決できなかったことがありましたら、お気軽にご相談ください。お問い合わせはこちら